KenKen

18才から始めたスノーボードにのめり込み、20才の頃にはアマチュアながらもスポンサーを受け、ライダー活動をしながらスノーボードグラッフィックやステッカー、パーティーフライヤーなどストリートカルチャーからの影響を受けドローイングを開始し、20代後半、スノーボード選手を引退後に本格的にアート活動を開始する。
現在は自身のショップ「TOKYO HIPPIES MART」を立ち上げ、ショップと言う新たな表現方法と合わせ、ドローイングを中心にステンシル、コラージュ、シルクスクリーンなどを使用し日々表現活動を行っている。
祖父の事故死をきっかけに誕生した代表作でもある「オモイデくん」をはじめ、目に見ることのできない様々な感情をポップなキャラクターとして表現することにより、子供から大人まで見る人の心に訴えかける作品を発表している。

【ABOUT OMOIDE-KUN】
現れては消えてゆく まるで雲のような体に 人間と同じく2つの目をもち ただ一つの「思い出」を餌に生きる生命体。
捕獲し自由に操ることはできませんが 常に心の奥底に潜んでいて 大切な思い出と結びつく五感に触れた瞬間 突然あなたの前に現れます。
オモイデくんとの出会い それは 大好きだったじいちゃんが聞いてた音楽が偶然流れていたのを耳にした瞬間 突然現れ 僕の全身を幸せで包み込み 前を向く勇気と力を与えてくれた。
人生において最も大切な存在 それが オモイデくん。
2016/07 東急プラザ銀座店 内 Art Space MARU84
09 Art Cocktail Vol,1 @ SEZON ART GALLERY 367°
10〜12 セゾン現代美術館 内 アートショップ
10 Art Cocktail Vol,2 @ SEZON ART GALLERY 367°
2017/01 Art Cocktail Vol,3 @ SEZON ART GALLERY 367°
03 Art Cocktail Vol,4 @ SEZON ART GALLERY 367°
05 TOKYO INTERNATIONAL ART FAIR @ 渋谷ヒカリエ
07 東急プラザ銀座店 内 Art Space MARU84
08 Art Cocktail Vol,6 @ SEZON ART GALLERY 367°
10 A-ROUND presents LOOP @ 奥浅草エリア