Shingo420

カリスマ・プロスノーボーダーであり、サーファー、DJと多方面においてそのクリエイティビティを表現する生粋のヨコノリスト。 1987年、16歳でサーフィンにハマり、18歳で当時創世記だったスノーボードの世界へ足を踏み入れることを決意。いち早く本場アメリカやカナダへと渡り、コアなロコ達との交流を通して自分のスタイルを確立。 帰国後、90年代前半、最も注目されていたインターナショナルコンテスト′日本オープン′で日本人最高位につけ衝撃のデビューを果たし、プロスノーボーダーとして一時代を築く。 その頃日本では想像し得なかったアラスカでのヘリスノーボード、インドネシアでのボートサーフトリップを経験、国内では、SNOW、SURF、DJ、それぞれの動きに合わせ、一定の場所に留まることなくキャンピングカーでヨコノリ漬けの生活を送る。 また、プロスノーボーダーとして活躍する傍ら、様々な経験とその独自のスタイルを活かし、多くのブランドから自身のアイデアやデザインを盛り込んだシグネチャーモデルを発表。旋風を巻き起こす。 SURF.SNOW.DJ.PIST…他の人にはマネの出来ない′SHINGO*420′の感性とスタイル、その唯一無二の世界観が、420ARTにもストレートに表現されている。 2014年、湘南のカリスマ・サーフスケーターの勝又プロと共に、サーフボードシェイプルーム&アートワークカウンターのガレージギャラリー "ART FCT"を神奈川県鵠沼海岸にオープン。日々、サーフィンとアートワークに没頭し、今年2016年5月、表参道ヒルズにて行われた"TOKYO INTERNATIONAL ART FAIR "に参加。劇的にAWARDS 3rd PRIZE 入賞を果たし、本格的なアーティスト活動をスタートした。